青木智美(あおきともみ)リオ五輪競泳日本代表

青木智美 1994年10月25日 神奈川県大和市出身 164cm 56kg o型

cacec0f0750f70a14cfe847094cd1db1

■リオ五輪 派遣標準突破種目 800mフリーリレー

■アリーナつきみ野スポーツクラブ 緑野小学校 南林間中学校 神奈川県立神奈川総合高校 法政大学社会学部

■担当コーチ 萱原茂樹

■3歳の時に兄の影響でアリーナつきみ野スポーツクラブにおいて水泳を始める

■高校は、強豪私立高校ではなく横浜にある県立神奈川総合高校に進学

同じ種目で速い選手がいたほか、制服なし、校則なし、学びたい授業を選べる自由な校風も合っていたという

「スポーツ心理学やスポーツ医学の授業もあって、選手としてとてもプラスになりました」と語る

■トップレベルの選手の大半は、移籍などを経て50メートルプールで悠々と強化を積んでいるが、青木選手の場合はずっと地元の25メートルプールで練習に励む

中学生から社会人まで1コースに7~8人が入り、身を寄せ合うように泳ぐため、プールの中はいつも激しく波立っている

だからこそ、波にも負けない自分流の泳ぎを追い求めながら、精神力も磨かれ、「強くなれたのかな」と笑う

■自らを、水泳界のエリートではなく、「そこらへんの雑草がちょっと伸びたかなくらいに思っている」と表現

初めて五輪選手を輩出したアリーナつきみ野スポーツクラブでは青木の活躍を祝う張り紙が貼られ、後輩たちの大きな励みになっている

■お化粧をして出掛けるのが楽しみな年頃、オフの日はスカートに合わせて「少しでも足が細く見えるように」とヒールのある靴を履き大学へ向かう

■実家で家族と4人暮らし
週1回の休みには、「頑張った自分へのご褒美」と、ショッピングで気分転換
大ファンであるKAT-TUNのライブDVDを観ると練習の疲れも吹き飛ぶそうだ

■リオ五輪では15歳の池江と16歳の持田早智(ルネサンス幕張)、20歳の五十嵐千尋(日体大)の4人でリレーを組む
「私がいちばん最年長なので、しっかりまとめていきたい」と抱負を語る

■好きな言葉「ぶつかることを恐れていては、何もできない」を胸に、世界のより高い舞台に臨む

■外部リンク

青木智美-Wikipedia

青木智美-Twitter

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です