「死ね」伊志嶺吉盛

かつて日本最南端の高校を春夏連続で甲子園へ導き「離島の名将」と呼ばれた監督がいました。
大嶺祐太(現ロッテ)らを擁し、甲子園3勝を挙げた前八重山商工監督・伊志嶺吉盛氏(63)は今、故郷の石垣島を離れ、日本文理大付(大分)で指導にあたっています。
離島のハンディキャップを乗り越えての甲子園、そして その後のドラフトでの騒動…。

今回は僕とは無縁な「高校野球」という現場で選手たちをサポートし指導する伊志嶺監督の ちょっと深イイ話をご紹介いたします。

“「死ね」伊志嶺吉盛” の続きを読む