「食べ過ぎ」をお灸で退治し胃のもたれ・不快感さようなら

食べたくなくなる「ツボ」さえあれば…って思いませんか? あります!!

■あなたは「胃熱」に侵されている

「食べても食べてもお腹が減る」「毎日食べ過ぎてしまう」「冬でも冷たい飲み物が欲しくなる」…東洋医学的に診ると「胃熱」の症状となる。

■胃熱とは?

東洋医学でいう「熱」が胃に溜まること。胃が働き過ぎて興奮し気の流れもそこで停滞していることが多い。

■胃熱があると

・食欲旺盛 ・冷たい飲み物を欲する ・胸やけ ・口臭 ・舌の色が全体に赤または黄 ・歯茎の腫れ(胃熱が亢進しているので早めの対策が必要)

■胃熱の原因

・辛い物 ・脂っ濃い物 ・ストレス&イライラ

■胃熱を退治する食べ物

清熱作用のある涼性の食べ物 ・大根おろし ・ニンジン ・セロリ ・黒豆 ・豆腐 ・ミントティー(胃のもたれ 不快感のときもオススメ) ※涼性の食べ物は食べ過ぎると体を冷やすので注意

■胃熱退治 清熱のツボ

image

●中浣 ちゅうかん

※みぞおちと臍を結ぶ線の真ん中 おへそから指4本上

胃腸を穏やかにし胃痛に効果のあるツボ

●足の三里 あしのさんり

※膝の皿、下外側 指4本分下

慢性消化器疾患。長寿穴として古来より「保健のツボ」として親しまれる

●内庭 ないてい

※足の甲、第2指の付け根 外側の凹んだ所

胃熱除去。鎮痛作用があり胃痛、食あたりにも有効

 

以上の3箇所に就寝前などに毎日、3~5壮のお灸を施してあげて下さい。2~3週間続ければ胃がスッキリ!と実感出来るでしょう。「あちっ!!」と感じたら止め時です。

sh!!bash!


「「食べ過ぎ」をお灸で退治し胃のもたれ・不快感さようなら」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です