ジュニアスイマー必見★水泳と5大栄養素の関係

以前、ジュニアスイマー必見★食事がすべての基本 では食べる「量」についてふれましたが、今回は食べる「質」について解説していきたいと思います。

なお、ジュニアスイマー必見☆これが『栄養フルコース型』の食事 ! もあわせて読んでみて下さい。

■ 5大栄養素の役割とは…

5大栄養素をご存知でしょうか?
炭水化物(糖質)・脂質・たんぱく質・ミネラル・ビタミンの5つです。
それぞれの栄養素が下の図のように水泳をするうえで大きな働きをします。

 

 

もう少し細かく見ていきましょう。
以下の項目をチェックしてみて下さい、心当たりはありませんか?

 

 

水泳をしていると上記のような さまざまな問題にぶつかると思います。
当たり前のことですがケガや病気が多ければ練習できませんし、疲れが残っていれば良い泳ぎができません。
その他「集中力が続かない」「スタミナ不足」など、どれも水泳をしていくうえでのマイナス要素となってしまいます。

栄養面ではそれぞれ、⇒ の後に記載している項目と深く関わってきます。
しかし、こうした問題を取り除こうと食事に気を付けている選手はどれぐらいいるでしょうか?
食べる量とともに質を高めるためにも、まずはバランスの良い食生活を目指しましょう。

そのために再三おすすめしているのが「栄養フルコース型」の食事です。
①主食 ②おかず ③野菜 ④果物 ⑤乳製品
を毎食食べて、5大栄養素をバランス良く摂り入れるように心がけましょう。
食べることも水泳の練習だと思って しっかり取り組まないとライバルたちに遅れをとってしまいます。

 

■ 運動後の食事は太るだけ…?

育ち盛りのジュニアスイマーにとっては むしろ運動後にこそ食べなければなりません。
とくに「炭水化物(糖質)」「たんぱく質」を補給するように心がけましょう。
「運動直後は疲れて食欲がない」という時でも 果物・果汁100%ジュース・牛乳・エネルギーゼリーなどを利用し、工夫をしながら できるだけ30分以内に摂り失った栄養やダメージを受けた筋肉の回復を促しましょう。

「運動後の食事は太るだけ」説は、運動直後の こうした栄養素の合成が高まることが転じて”ダイエットの天敵”として ひとり歩きしたのかもしれません。

ただ… 保護者世代のみなさんは「運動直後」「就寝前」の食事、お気を付けくださいね。

 




「ジュニアスイマー必見★水泳と5大栄養素の関係」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です