鍼灸師の僕は風邪をひいたら お灸で治している

風邪をひいてしまったら西洋薬に頼るだけでなく東洋医学を併用してみて欲しい

img_6bd61152ead51b6d371130023c4292d958004

薬は免疫力を弱める事もある

風邪は様々なウイルスによって引き起こされる。ウイルスは多種多様で変異を繰り返しているため根本治療できる薬は無い。風邪をひいて処方される西洋薬は、のどの痛みや鼻水、発熱などの症状を緩和させるためだけの物で病状をかえって長引かせてしまう事もある。

体を温める事で自力で風邪を治す

東洋医学で風邪は、疲労やストレスで体の抵抗力が弱くなった所に皮膚から「寒(かん:冷え)」や「外邪(がいじゃ:外から入り込む病因)」が侵入して起こると考えられている。そのため体を温めて発汗を促し、寒や外邪を体外に排出することが基本治療。こうした治療では体を温めることで免疫力が活性化するので自分の力で風邪を治す事が出来る。

夏風邪は暑さの疲労で起こる

夏風邪は冷房などによる傷寒(冷えによる風邪)以外は、暑さで疲労することで起こる。その場合、普通に過ごしていても汗をかいているので冬の風邪のように温めて発汗を促すのはご法度。体力を奪うことになってしまう。季節によって風邪の治療法は異なるという事を頭の片隅に入れておいて欲しい。

まず 汗を出すために ポカリスエット・くず湯・しょうが湯などで水分補給

冬の風邪に有効なツボは6箇所

冬の風邪に有効なツボは首の後ろにある「霊大椎穴(れいだいついけつ)」と、その下に5つ並んでいる「刺熱穴(しねつけつ)」。背骨の首の部分には第1頸椎(けいつい)から第1胸椎といった骨がある。第1頸椎は後ろに出っ張っていませんが触ってみると突起があるのが第2頸椎から下。第2頸椎と第3頸椎の間が霊大椎穴。また、第3頸椎から第1胸椎にかけての突起間が刺熱穴で5つある。

風邪に効くツボを探そう!

少し首を下に向けて前かがみになり霊大椎穴から腎熱穴まで6カ所のツボを順番に指先で横にしごいてみましょう。しごき方は利き手の中指の腹を使って少し押すようにしながら左右に動かしていく。すると痛くて気持ちよく感じるツボが1~3カ所あるはず。この反応のあった場所こそが風邪に効くツボ。ここにお灸をすると、風邪のひき始めには驚くほど効果がある。

せんねん灸 < カマヤミニかな?

お灸は薬局で市販されている、もぐさが肌に触れないタイプの商品が手軽に使えて便利。ポピュラーな「せんねん灸」も捨て難いが僕のお薦めは、釜屋もぐさ本舗の「カマヤミニ」弱タイプ。もぐさの量が多くて家庭でも本格的な治療ができる。


大事な大会や試合を控えている時、「風邪かな?」ぐらいでは極力、薬を避けたいと思うのがアスリート。風邪薬との併用でも効果が期待できますのでぜひ試してみて下さい。

shi!!bash!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です