山口美咲(やまぐちみさき)リオ五輪競泳日本代表

山口美咲 1990年1月20日生まれ 長崎県諫早市出身 165cm 58kg A型

wst1604270046-p1

■リオ五輪 派遣標準突破種目 400mフリーリレー

■近畿大学附属高校 近畿大学法学部 イトマンスイミングスクール

■担当コーチ 西脇正人

■生後10ヶ月から水泳を始め高校生の時にイトマンスイミングスクールに移籍する

■高校時代からスプリント力のある選手として活躍

2008年 800mフリーリレーのメンバーとして北京五輪代表入りを果たす

2009年 日本選手権では50m自由形で優勝、世界選手権代表入り、そして国体では100m自由形で日本新記録樹立

2010年 スランプに陥いる

2011年 復調し世界水泳上海代表入り

2012年 ロンドン五輪代表入りを逃し再び挫折を味わう

2013年 再び復調し世界水泳バルセロナ代表入りを果たす

2014年 仁川アジア競技大会代表入り

2015年 世界水泳カザン代表入り

2016年 リオ五輪代表入り

倒れても立ち上がる強い精神力を持った頼もしい選手が再び世界に挑む

(一時期は引退を考えていたので)本当に続けてきて良かったです。

順位にまず目が行って「4」とあってほっとして、でもその後にタイムを見て「ヤバい…」と思いました。派遣標準記録を切れたとわかった時には、いろんな感情があふれ出しました。

レース後は(松本)弥生ちゃんと「良かったね~」と言って泣きながらハグしよう、コーチと嬉し涙で会おうと1年間イメージしてきましたが、まさしくその通りでした。

「チョコレートも、ケーキもやめて、寝る前には腹筋も毎日しました。いろいろな人に支えられて頑張ってこられたので、最高のパフォーマンスをしたいと思います」

■外部リンク

山口美咲-Twitter

山口美咲-Wikipedia

山口美咲-Facebook

山口美咲-Instagram





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です