内田美希(うちだみき)リオ五輪競泳日本代表

内田美希 1995年2月21日生まれ 群馬県明和町出身 170cm 63kg B型

ba509097

■リオ五輪 派遣標準突破種目 400mフリーリレー 400mメドレーリレー

■スウィン館林 明和中学校 関東学園大付属高校 東洋大学経営学部

■担当コーチ 平井伯昌

■2歳年上の姉の影響を受け小学校1年の時に水泳を始める。

■ ~最後と決めた日本選手権~

「あー切れなかった。あとちょっとだ…」100m自由形決勝。電光時計板を数秒見つめたあと、内田は水をぬぐいながら顔をしかめて、背を向けた。

高校3年生で400mフリーリレーのメンバーとして出場したロンドン五輪の翌年から、100m自由形で個人種目の派遣標準記録を突破すると公言してきた。

しかし過去3年間は突破できず。今大会の準決勝後には「個人で突破したいと言って4年目になるので、本当に強い気持ちで臨む」といつにも増して固い決意を口にしていた。

だが、理由はそれだけでない。内田の中で、今回が最後の日本選手権と決めていたからだった。泣いても笑っても、これが派遣標準を突破する最後のチャンス。

だからこそ、何としても突破したかった。結果は53秒88。わずか0秒07届かなった。

フィニッシュ直後こそ落胆の表情を見せたものの、400mフリーリレー代表に決まったあとには、いつものサバサバとした語り口でこう語った。

「53秒台を初めて、やっと出せたし、日本記録も出せたのでうれしいです」

6歳年下のライバル池江璃花子にスタートから一度もトップを譲ることなく、0秒18差をつけて完全勝利したことについても「やっぱり勝って楽しいなと思いました」。そう語る表情は、どこか清々しさを感じさせた。

やり残した悔しさと勝利の楽しさを味わっても「区切りをつけてやってきたので」と今年が最後という決意は変わらぬ様子。

”区切り”を決めたからこそ、夏までより一層本気で一層本気で、そして全力でやり抜くつもりだ。

■外部リンク

内田美希-Twitter

内田美希-Wikipedia

内田美希-Facebook

内田美希-Hirai Racing Team

内田美希オフィシャルブログ-うちだサン日和

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です