寺村美穂(てらむらみほ)リオ五輪競泳日本代表

寺村美穂 1994年9月27日生まれ 千葉県流山市出身 164cm 54Kg A型

AS20160407004377_comm

■リオ五輪 派遣標準突破種目 200m個人メドレー

■流山市立東部中学 千葉商科大学付属高校 日本大学文理学部 セントラルスポーツ

■担当コーチ 岡田正之

■水泳をはじめたきっかけは姉がスイミングに通っていたため。

■中学2年時には短水路の中学新記録を樹立するなど、平泳ぎの選手として活躍していた。しかし中学3年の夏前に膝を痛め、個人メドレーへと種目変更。

種目変更後は個人メドレーで日本選手権でも上位に名を連ねた。2012年、ロンドン五輪選考会では自身初となる表彰台に上ったが、派遣標準記録に惜しくも届かなかった。膝の状態は決して良くなかった。

2012年6月、膝にメスを入れ、高校3年の夏は棒に振った。

しかし、そこから驚異的な回復を見せ、2013年日本選手権では見事バルセロナへの切符を勝ち取った。

2015年に再び右膝を手術し、リハビリを行いながら練習。

2016年リオデジャネイロオリンピック代表選考会となる第92回日本選手権水泳競技大会に出場し。

女子200m個人メドレー決勝では渡部香生子ら後半型のライバルに勝つには先行逃げ切り以外にないと腹を固めてスタートし、序盤から終始リードを奪ったまま自己ベストタイムを更新する2分9秒87のタイムで優勝、オリンピック派遣標準記録(2分11秒03)もクリアして悲願のオリンピック代表の座を手にした。

■外部リンク

寺村美穂-Wikipedia

寺村美穂-Twitter

寺村美穂-Instagram





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です