ジュニアアスリートの体調管理とサプリ


日本経済新聞に寺川綾さんが興味深い記事を寄せていた。

水泳に限らず、高いレベルでの活躍を目指すなら小学校高学年ぐらいからは「体調管理」「栄養管理」をしっかり学んでもらいたいし、教育していかなければならないと思う。

1

 

 

 

 

 


H.28/3/1 日本経済新聞 朝刊 (原文まま)

毎年、インフルエンザが流行する1月下旬から2月下旬は水泳選手の「魔」の季節。体調を崩しやすいのだ。体を鍛えているから病気にも強い、ということはない。

この時期、選手は4月の競泳日本選手権に向けて前年末から泳ぎこんでおり、毎日疲れて免疫力が落ちている。日本選手権前の最終確認をする大会もある。集中して一気に力を出す試合の刺激は大きく、レース翌日に高熱を出す選手は珍しくない。

ちなみに冷房で体調を崩す選手はほとんどいない。夏はシーズンで一番大きい大会があり、それに向けて練習量を落としている。体調がグングン良くなるからだろう。

体調を崩すと、練習できない上、蓄えた力まで失うので怖い。選手は禁止成分が入っている可能性がある、強い薬や栄養剤は使えない。ドーピング検査は試合の度に必ず、それ以外にも本当に、抜き打ちで年4~5回行われる。

そのために自宅、旅先の住所だけでなく「この日のこの1時間はここにる」という毎日の日程表を検査機関に提出していた。提出した時間通りにいないとアウトだし、こちらが示した時間外に検査官が来ることもある。その場合でも、一定時間内にその場所に戻らなければならない。

朝6時に日本アンチ・ドーピング機構が来たと思ったら、1時間後に世界反ドーピング機関が来たこともあった。実家で寝込んでいた時、来たこともある。風邪で何も食べておらず、トイレに行けない。検査官と一緒に病院へ行き、水分を摂取して帰宅。一般家庭の小さなトイレに検査官と2人で入り、検査するのを見た親は仰天していた。

10代からこういう生活だから、風邪をひく恐怖は身にしみており、体調管理には自然と神経質にもなる。

まず秋一番の仕事はインフルエンザの予防接種だ。髪はぬれたままでも平気だが、空気の乾燥は大敵。加湿器だけでは不安で、ぬれたタオルを部屋にかけて寝る。マスク、うがい、手洗いは当たり前。少しでも風邪の予兆がしたら、主治医へ駆け込み、うがい薬で徹底的にうがいした。

食事は全てはバランスよく。疲れた日、食欲の無い日こそ、無理にでも食べる。特に海外では大会前、生野菜、カットフルーツなど火が通っていないものは食べなかったし、お菓子がキラキラと陳列され、誘惑が多いコンビニエンスストアにも行かなかった。

長年の修正はなかなか抜けない。元アスリートが健康的だとしたら、そのおかげかも。ただ巨大化した胃袋は問題だ。現役時代はレシピ通り2~4人前の料理を作っても、一人で1食で食べきったもの。今の私は記録のためではないけれど、現役の頃に近い体型を維持できるよう、気を付けながら日々闘っている。
(ミズノスイムチーム・コーチ)


■体調管理・栄養管理の重要性■

●1月下旬から2月下旬は水泳選手の「魔」の季節

2016年2月29日 記事 に書いたばかりだが本当「その通り!」とうなずける話である。

●体調を崩すと、練習できない上、蓄えた力まで失うので怖い

選手によって差はあると思うが、発熱や重めの風邪を患い練習を休むと元の状態(泳ぎ)に戻るまで2~3週間はかかってしまう。
先日の春季JO予選でいえば、たろーは発熱で5日間練習を休み、咳ゲホゲホ 鼻ジュルジュルのまま4日間練習してレースに臨んだ。
絶望的な状況だったが何とかJO突破を果たすタイムで泳ぐ事が出来たのは「僕のチューニング技術」と「TPO SPEED」が功を奏した結果だと信じている 笑。

■ TOP SPEED 商品詳細 ■

●少しでも風邪の予兆がしたら、主治医へ駆け込み、うがい薬で徹底的にうがいした。

2016年2月12日 記事  に書いたが風邪気味・風邪っ引きの最中は迷わずグルタミン!…というより風邪が流行る季節は練習後に毎日グルタミンを飲むべき。プロテインを飲んでる場合は それに混ぜて、飲んでない場合はグレープフルーツジュースやオレンジュースに混ぜて飲めば効果的である。

■ DNS グルタミンパウダー 詳細 ■

 

日本代表クラスの選手になると体調を崩したからといって、我々の様に安易に薬を摂取することが出来ない。自然と徹底した自己管理が身に付くのも納得できる話である。ジュニアアスリートにとっては「アンチ・ドーピング」を学ぶことも もちろん大切だが、まずは身近な「体調管理」「栄養管理」から学んでいってもらいたい。
sh!!bash!



■ 10代から始めるジュニア選手の「勝負食」プロが教えるスポーツ栄養学 ■


「ジュニアアスリートの体調管理とサプリ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です