咳ゲホゲホ 鼻ジュルジュル… なんとかジュニアオリンピック突破

2016年の春季ジュニアオリンピック最後の予選会が

● 2/27~2/28 東京予選会@辰巳国際水泳場 ● 2/28 神奈川予選会@さがみはらグリーンプールで行われた

■第38回 全国JOC春季神奈川県予選

■予選会までの最悪な日々

2/14の神奈川県短水路水泳競技大会以降、四六時中 咳をしていた たろーは悪化の一途を辿り発熱ダウン、2回の検査もインフルエンザは陰性だったが、なかなか微熱が下がらず最悪の事態となってしまった。

~2/18(木) ゲホゲホ咳
2/19(金) 学校早退 インフル陰性 練習休
2/20(土) 自宅療養 練習休
2/21(日) 自宅療養 インフル陰性 練習休
2/22(月) 自宅療養 練習休
2/23(火) 登校再会 練習休
2/24(水) 練習再開 耳鼻科で鼻クリーニング
2/25(木)~2/27(土) 咳咳ゲホゲホ 鼻ジュルジュルのまま練習
2/28(日) JO予選
※2/27(土)~3/1(火) 期末試験

■自己管理の拙さを猛省するべき

インフルエンザ・風邪etc. さまざまな病気が蔓延する今の季節だが「しょうがない…」では済まされない、今の季節はジュニアスイマーにとって年に何回かしかない最も重要な時期。風邪気味であるにもかかわらず「サプリやプロテインの飲み忘れ」「ソファーで居眠り」…言葉は悪いが「バカなの?」と聞きたくなるぐらいの自覚の無い生活態度が目立っていた。
「悪化するべくして悪化してしまった風邪」であることは間違いない。

■メドレーリレーメンバー落選?

400フリーリレーで出場は既に決めていたが、2/7 専大カップ川崎地区クラブ対抗水泳競技大会・2/14の神奈川県短水路水泳競技大会の2レースでメドレーリレーは失敗。もう失敗は許されない最後の挑戦なので「回復の状況次第ではメンバーから外す」とコーチに予告されていた… が何とかメンバー入りを果たし泳がせて貰うことができた、感謝。

■全身全霊をメドレーリレーに

今回はメドレーリレー・200Fr・100Fr 3種目のエントリーだが「咳ゲホゲホ 鼻ジュルジュル」な状況を考えると当然、メドレーリレー1本に集中。とにかく他のメンバーに迷惑を掛けないように最高の準備をするしかなかった。

~ 最高の準備 ~

●前日の夕飯 「焼きそば×ライス×お好み焼き」炭水化物3冠王

1

 

●当日の朝食 「ちからうどん」ダブル炭水化物

2

 

●レース直前 「TPO SPEED」1袋に約3匹分のスズメバチエキス

●TPO SPEED

1日の総飛行距離が100kmを超えるほどの脅威のスタミナをもつスズメバチ。さらに、1分間に1,000回以上という高速で羽を動かすなど、エネルギーの還元率は他の動物とは比べ物にならない。そのスズメバチから抽出した17種類のアミノ酸を含むエキスを配合。(1袋あたり約3匹分のスズメバチエキス)古くより、中国では漢方薬として、疲労防止、体力増進、血行障害改善などに用いられてきた。

グリーンプールに出る「ヤマナミ」の露店で見掛け気になって購入していたサプリ。1袋600円もする高価な物なので「ここ一番!」のレースに思っていた。

2/14の神奈川県短水路水泳競技大会でも3レース目終了後、クタクタで 辛そうだったため飲ませてみたら4レース目・5レース目で好タイムが出た。
「爆発的なスタートを実現する」セールスコピーはまんざら嘘では無いと思う。

■メドレー リレー ジュニアオリンピック突破

たろー自身、好調といえるタイムでは無かったが何とかJO突破を果たすことができた。「嬉しい」というより「ほっとした」が正直な心境。「ほっと」し過ぎたのか、体力の限界だったのか、個人種目の100Fr・200Frはボロボロ 泣

結果を残せたから言えることだが「最悪な状況でも めげずに結果を残す」良い経験だったかな…と思う。

■第38回 全国JOC春季東京都予選

意外にも早く神奈川の予選会が終わったので期末試験中の たろーを自宅へ送り東京予選会の辰巳へ。久々の辰巳、やっぱり「いいね」。

6

 

■仲間3人がチャレンジレース

たろーの仲良しの先輩・友達がチャレンジレースに
「TPO SPEED」をお土産にマッサージをして最終チューニングを施したが それぞれ「0.07秒」「0.2秒」「0.4秒」及ばず涙を飲んだ…。それでもチャレンジレースでタイムを上げベスト更新の選手もいたので夏に繋がる泳ぎとなったと思う。

■残り1ヶ月の過ごし方

ジュニアオリンピック本戦まで残り1ヶ月。個人での出場には及ばなかったが幸いにもリレー2種目、しっかり調整して臨んで貰いたい。たろーに関して言えば冬場の泳ぎ込みの成果もまだ出ていない状態で「伸びしろ」たっぷり、調整というよりも「よりハードな練習」で覚醒を期待したい。

周りがどうした。とにかく泳げ。

sh!!bash!


「咳ゲホゲホ 鼻ジュルジュル… なんとかジュニアオリンピック突破」への5件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です