渡辺一平(わたなべいっぺい)リオ五輪競泳日本代表

渡辺一平 1997年3月18日生まれ 大分県出身 193cm 76kg

Bve3mo9CIAEiHvr

 

■リオ五輪 派遣標準突破種目 200m平泳ぎ

■大分県立佐伯鶴城高校 早稲田大学スポーツ科学部

■担当コーチ 奥野景介

■小学2年で始めた水泳は小学3年で大分県大会優勝・小学5年でジュニアオリンピック出場と急成長。

■好物は魚で回転寿司で44皿を平らげたこともある大食い。育ち盛りの中高6年間で身長は35センチ伸びた。

■193cm 76kgの細マッチョ。水泳帽は赤色がお気に入りで、その姿から、あだ名は「マッチ棒」。

■足のサイズが30cmあるため靴屋になかなか在庫が無いのが悩み。

■身長が「192~193cmで終わったら面白くないから2メートルを目指しています」と本人はいたって大真面目に更なる成長を願っている。

■長身を活かし、最初の50mを13掻きで入る事ができる「省エネ泳法」は自慢の強み。

■まだ相手は いないそうだが「東京オリンピックで、金メダルを取ってプロポーズしたい」という夢があるユニークな人柄。

■自身の長身をよそに200m平泳ぎ決勝のレース後、横を泳ぐ北島選手が「大きく見えて本当に怖かった」と語った。

「北島さんが作ってきたものを続けられるように、日本の平泳ぎ界を引っ張りたい」と意気込む。

■外部リンク

渡辺一平-Twitter

早稲田大学水泳部

sh!!bash!





「渡辺一平(わたなべいっぺい)リオ五輪競泳日本代表」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です