花粉症ツボ刺激 鼻水、鼻づまりが原因の頭痛

花粉症シーズンがスタートし、憂鬱な日々を過ごしている方も多いと思います。

■花粉症が原因の頭痛は鼻が関係

花粉症の症状は「くしゃみ・鼻水・鼻づまり・眼のかゆみ」だけではありません。時には頭痛がしたり咳が出たりするので”風邪”と間違えてしまうこともあります。花粉症が原因の頭痛は「鼻」が深く関係している場合が多い。今回は東洋医学の立場からみた「花粉症と頭痛」を説明するとともに効果的な「ツボ」をご紹介させて頂きます。また花粉症については
■ 花粉症2016 お灸でツボ刺激 鼻づまり編
■ 花粉症が お灸でラクになる眼からウロコな話
でも記事にしていますので併せて参考にしてみて下さい。

■花粉症で頭痛が起こる理由

花粉症からくる頭痛は鼻の状態が原因となって起こる場合が多い言われています。

・鼻の粘膜に炎症が起き鼻腔が腫れ神経が圧迫される
・鼻水・鼻づまりの症状が続くと鼻から取り込む酸素の量が減少し酸欠気味になる

が主な原因であると考えられています。また就寝中に呼吸がスムーズに行えていないので知らず知らずのうちに睡眠不足に陥り頭痛が発生する場合もあります。
※ 鼻の状態が芳しくなく頭痛や頭重、鼻の周りの圧痛が続く場合は「副鼻腔炎」や「蓄膿症」の可能性もあるの注意して下さい。

■花粉症が原因の頭痛に効くツボ

777792以下に ご紹介する4つのツボ
①は「鼻」のトラブル
②は「抗炎症」「全身の水分調整」
③④は「頭痛」
に効果があるツボとされていますが、東洋医学でいうツボ=経穴は組み合わせがとても重要視されています。単純に「●●に効くツボ」という理由で1つのツボを刺激しても効果が期待できませんのでセットで刺激して下さい。

巨髎 こりょう

※鼻穴の入口の高さの水平線と瞳孔から、まっすぐ下ろした線が交差する所。

鼻のトラブル特効ツボ、頭痛にも有効。アレルギー性鼻炎よる鼻づまり・鼻水に効き、鼻風邪にも有効です。また、鼻血や慢性副鼻腔炎などにも利用されます。鼻の症状以外では、目の疾患や歯の痛み、歯肉炎、三叉神経痛、顔のまひ・けいれんなどの治療にも用いられます。

②復溜 ふくりゅう

※内くるぶしの中心から指幅3本上がった所、アキレス腱の前縁で圧痛がある所。

身体の熱を逃がし、炎症を鎮める作用がある。とりあえず指で押しながら探してみて下さい「痛~い ゴリゴリ」ありませんか?全身の水分調整もしてくれるので、お暇なときに毎日刺激してあげて下さい。

③完骨 かんこつ

※両耳の後ろにある出っ張った骨(乳様突起)の下端、後ろ側の凹みの所。

頭痛や鬱な気分、ストレス解消などの自律神経を整えるツボとして有名。血行を促進し循環を良くするので顔のむくみの改善、首のこり・痛みを和らげる効果もあります。

④天容 てんよう

※完骨と同じ筋上で、下あごの角の下。完骨から5mm程度下の所。

天容を刺激すると、緊張している首周りの筋肉や頭皮の緊張が緩和します。また、このツボがある首筋付近には頚動脈が存在するので首・頭の血流調整に大きな役割を果たし頭痛に効果的である。

■資格が無くても使える鍼

お灸の場合は、以上の4箇所に就寝前などに毎日、3~5壮を施してあげて下さい。「あちっ!!」と感じたら止め時です。

今回は「髪の毛の生え際」「外出先での頭痛・鼻水」を考慮し円皮鍼(えんぴしん)をご紹介します。
※内皮鍼・・・鍼の形態の一つで、ごく細く短い鍼を、皮膚組織内に刺入し、絆創膏などで固定して、1日から数日留置する治療法


■ セイリン円皮針 パイオネックス ゼロ 商品詳細 ■

鍼をを刺しているような刺激を期待できる”強力なピップエレキ○ン”だと思って下さい。資格が無くても安心して使うことが出来る鍼なので僕自身も患者様に”セルフケア用の鍼”として提供している商品です。

■蓄膿症に要注意

花粉症が原因の頭痛は自律神経の乱れが主な原因なので、規則正しい生活と食事にすることが改善につながります。が、そんな悠長なことを言っている余裕など無く「今すぐ頭痛を鎮めたい」という症状の場合もあります。そんな時にこそ”ツボ刺激”を試してみて下さい。
また、花粉症になると多くの人が頭痛を併発することが多いので毎日の「お灸」「円皮鍼ツボ刺激」を実践するなどの対策をすることで頭痛を解消できます。

注意して頂きたいのは、鼻水や鼻づまりが長引くことで副鼻腔に膿が溜まって「蓄膿症」を患ってしまっていることがあります。蓄膿症は頭痛を伴うことがありますので「粘ついた黄色や緑色の鼻水」「膿のニオイを感じる」「鼻づまりが長期間 治らない」場合は耳鼻科などの専門機関の受診をおススメします。
疑問やご質問がありましたら、コメント欄よりお知らせ下さい。

sh!!bash!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です