インフルエンザワクチン

インフルエンザが大流行、おそらく今週あたりがピークかな?

ニコチナ ベンザミアナ

というタバコの一種の植物の葉を使いインフルエンザのワクチンを某製薬会社が開発中、アメリカとカナダで臨床試験を行っている。

◆ タマゴアレルギーの心配なし

インフルエンザワクチンは、現在、ニワトリの卵にウイルスを入れて製造する方法があるが、製造期間が、6カ月程度かかる上、タマゴアレルギーの人には敬遠される。

◆ 約1ヶ月でワクチンを製造

タバコの葉を使うと製造期間は35日程度に短縮され、毎年 流行の型が変わるインフルエンザにも素早く対応できる。2020年頃までの実用化を目指し、実現すれば その年その年にマッチしたインフルエンザワクチンを素早く製造できるようになるそうだ。

 

今週末のJO予選、マスクは必須アイテムですね★

sh!!bash!

cf902as

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です