覚せい剤と鍼治療

何かと話題の「覚せい剤」…

アメリカでは薬物中毒患者の回復プログラム(ドラッグ・コート)に鍼治療が利用されている

ドラッグ・コートとは?

アメリカには薬物関連犯罪の被告人を通常の刑事司法手続きではなく、薬物依存から回復させるための治療的な手続きにより、その手続の全てを修了した被告人には罰を科さないという裁判制度がある。この治療システムをドラッグ・コートと呼ぶ。

ドラッグ・コートの回復プログラム

回復ブログラムにはグループミーティングや個人カウンセリング、職業訓練のクラスの他に、家族カウンセリングやアンガー・マネージメント(怒りのコントロールを学ぶセッション)があり、その一つに鍼治療がある。


薬物中毒の鍼治療あれこれ

※ 青字クリックでソース記事へ

◆ アメリカ 両耳×5箇所の計10箇所に鍼

鍼を刺し手20~30分放置するだけ、誰でも行えるようマニュアル化されている

◆ 中国 コカイン中毒患者に有効

4つの特定の耳ツボに鍼を刺入 週5回×8週間の臨床実験で実証

◆ 日本 脳透穴針療法

教科書には載っていない秘伝のツボに鍼を打ち通電、あのセンテンス・スプリング「週刊文春」にも掲載


あちらこちら調べていると耳鍼派頭に刺して通電派に分れる。「頭に通電」そういえば某k選手も覚せい剤の乱用で意識不明となり病院へ救急搬送された時に電気ショック療法をしたとか しないとか…

sh!!bash!

c128cb1219f9f4aa8ff40f0bf60191df_12051_20150711043800665

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です