ジュニアアスリート栄養学 野球小僧、試合当日の朝食


当blog 読者様よりリクエストを頂いた、ありがとうございます。

今回は、「中学野球部で活躍する御子息、試合当日の朝食をいかにするべきか?」という お題を頂きました。試合開始時間によって状況は異なってくるが「試合開始の3~4時間前には食事を終わらせておく」基本は変わらない。

「手の込んだ料理やアスリート飯」や「コスト高なマニアック飯」では現実味が無いのでコンビニでも手に入る身近な食べ物で比較・検証していきたいと思います。

■カーボ・ローディングを習慣づける

数年前、イチロー選手がカレーを毎朝食べていたことが話題になった。食べるもの、食べる時間、食べる場所など、食を試合当日のルーティンのひとつにしている選手の話は耳にすることがある。どの選手も、消化吸収や栄養面など、体のコンディションに与える影響もある程度考慮したうえで行っている。

1

水泳の話になるが、僕は たろーにレース当日はゼリータイプの栄養ドリンク(エネルギー源であるデキストリンを主成分とするもの)を数個持たせている。
これは腹持ちが良く、消化・吸収が早いので、空腹でも満腹でもない丁度良い状態を作ることが出来る。素早く飲めるのも便利でありゼリータイプだと喉が乾かないため、余分な水分を摂らなくて良いというメリットもある。野球飯としても ぜひ活用してもらいたい。

厳密にいうと食事の内容には「試合の2~3日前」から気をつけておいて欲しい。なぜなら、筋肉中にあるグリコーゲンの貯蔵量を増やして、スタミナをアップさせておく必要があるからだ。そのために摂取しなければならないのが炭水化物。試合前日から試合直前の食事までは、炭水化物をしっかり摂っておくとスタミナ切れなどの心配がない。この栄養摂取法は「カーボ・ローディング」と呼ばれており野球小僧の皆さんにもぜひ実践して頂きたい。



■ アミノバイタルゼリー「パーフェクトエネルギー」商品詳細 ■


 


■ アミノバイタルゼリー 「スーパースポーツ」商品詳細 ■


 

■野球小僧が試合前に食べるべきコンビニ飯10番勝負■

■ロールパンvsフランスパン

エネルギーに変化する速さはフランスパンの勝ち。様々なパンを比較すると「全粒粉パン・ライ麦パン・クロワッサン<フランスパン・食パンの方が消化吸収が速い」。はちみつパンがおススメ。

■豚生姜焼き弁当vs牛カルビ弁当

炭水化物を効率良くエネルギーに変えるビタミンB1も併せて摂ると よりパワーが発揮できる。同じ量でのビタミンB1含有量は豚肉の方が多いため豚生姜焼き弁当の勝ち。※ただし肉は消化までに数時間かかってしまうので注意。

■麻婆なす丼vs麻婆豆腐丼

上記と同じ理由でビタミンB1含有量は「なす<豆腐」となるので麻婆豆腐丼の勝ち。その他「うなぎ」もビタミンB1が豊富なのでお財布に余裕があれば朝から「うな重」も◎。

■鮭おにぎりvs明太子おにぎり

またまた同じ理由でビタミンB1含有量は「鮭<明太子」となるので明太子おにぎりの勝ち。これまた同じ理由から「ハムサンドvsツナサンド」はハムサンドの勝ち。

■うどんvsそば

昔から風邪や胃腸炎で寝込んだら消化の良い「うどん」。消化の速さは「そば<うどん」となりエネルギーへの変化も うどんの方が速いのでうどんの勝ち。油っぽい「きつね」「たぬき」消化の悪い「肉」は避けよう。

■あんかけ焼きそばvsソース焼きそば

試合当日の朝食は「とにかく炭水化物」。よけいな具材は消化の妨げとなる。特に夏場などは 胃もたれ・胸やけの原因となりやすい。シンプルなソース焼きそばの勝ち。

■チョコパンvsカステラ

圧倒的にカステラの勝ち。糖質量・たんぱく質量・消化の良さetc. など挙げれば きりが無いほどカステラは万能なエナジー食。マラソンや駅伝競技では基本の補助食、野球小僧にも是非おススメしたい。

■あんパンvsカレーパン

エネルギー源となる糖質の量を考えるとあんパンの勝ち。カレー自体は工夫をすれば素晴らしい「野球飯」になり得るのだが”揚げパン”となってしまうと消化の面で分が悪い。ジャムパン・はちみつトーストもおススメ。

■レッドブルvsモンスターエナジー

「レッドブル」は海外では無敵を誇るエナジードリンクだが日本では かなりソフトな効能になっている。「ガツンと★」を求める野球小僧ならモンスターエナジーの勝ち。

■紅茶vsコーヒー

紅茶の勝ち、ただし”はちみつレモンティー”の場合。寒い時期の試合前には重宝する。はちみつは単糖類なので体内に入ると短時間で吸収されて栄養分となり運動活動を支えるエネルギーになり、レモンのクエン酸は疲労回復に役立つ。

~ おすすめメニュー ~

朝食 はちみつトースト・砂糖醤油のりもち・きなこもち
補食 カステラ・あんパン・エネルギーゼリー
飲み物 はちみつレモンティー・モンスターエナジー・薄めたスポーツドリンク


■ Monster Energy モンスターエナジードリンク 商品詳細 ■


■試合中はPower Gel

2時間、時には3時間と長丁場になる野球の試合、試合中の栄養補給は当然必要です。マラソン選手は走りながら… サッカー選手はハーフタイムに… topアスリート達が愛用している「Power Gel」は試合終盤の好投&好打をきっとサポートしてくれます。詳しくは こちら を参考にして下さい。


■ Power Gel 商品詳細 ■


■大勝負ならTPO SPEED

詳しくは こちら を参考にして下さい。


■ レース用ドリンク トップスピード (TOP SPEED) 商品詳細 ■


■ピッチャーならBCAAは必須

「もうひと踏ん張り必要な時」「集中力が切れそうな時」に威力を発揮するのがBCAA。僕自身、ウエイトトレーニングにはまっていた時”心が折れそうになったら”BCAAをペロリ★最後の最後、力を出し切る事が可能になります。
※ 適量を水に溶かしておけば水分&BCAA摂取が可能なので便利です。


■ ゴールドジム BCAA・アルギニンパウダー 商品詳細 ■


好き嫌いや好みもあり食べ物の選択は難しいところですが、試合当日の朝食はエネルギー源となる「消化の良い炭水化物」といたってシンプルです。肉・魚・野菜etc. 余分な物は必要ありません。その日くらい”野球人”であることを自覚してストイックに過ごしましょう 笑
他の食べ物については こちら でも触れていますので参考にしてみて下さい。疑問やご質問がありましたら、コメント欄よりお知らせ下さい。
sh!!bash!


「ジュニアアスリート栄養学 野球小僧、試合当日の朝食」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です