「よっ!酒豪」と呼ばれたい方、必見★二日酔い知らずの お灸

「最近、お酒が弱くなったなぁ」…と20代の自分を懐かしんでいる方も多いはず

日々の お灸+αで あの頃に帰って もう一度「夜の打点王」目指しましょう

■二日酔いの予防は飲む前が大事

二日酔いの予防・防止は事前の対策をしておけばその多くを防ぐことができる。 しかし、事前に予防・防止の準備をしておかないと、後でいくら対策をしても二日酔いを予防することはできない。なにより二日酔い予防の準備をするだけで飲酒中も非常に気分良く、悪酔いせず、長くお酒を楽しむことができる。ここでは、二日酔いの予防や防止に効果のある「お灸」を紹介いたします。

■なぜ飲酒前の予防が大事なのか

二日酔いの原因は様々。単純にこれをすれば完全に二日酔いの予防になる、二日酔いを防止できる、というものは今だ解明されていない。

しかし、ビール1杯を飲む場合でも、飲み方一つで二日酔いになりにくくなる。アルコールはゆっくり吸収されると二日酔い予防になり、アルコールが急激に体内に吸収されると二日酔いの原因となる。

つまり少しでも吸収を遅くすることが二日酔い予防・防止には重要。それはちびちびとゆっくり飲むだけではない。アルコールの吸収速度は飲酒前に対策することで遅くすることがでる。

では、なぜアルコールが急激に体内に入ると二日酔いしやすいのか、どうすればそれを防止できるのか?

■飲酒前の空腹を避け二日酔いを予防・防止

アルコールの吸収を遅くすることは、即効性が高く、飲酒前からできる効果の高い二日酔い予防・防止策。空腹はアルコールの吸収を早めるだけでなく、以下の症状を起こすことで二日酔いの原因になる。

■空腹が引き起こす症状

・血中アルコール濃度のピークを早める 

空腹の場合、胃や腸からより多くのアルコールが、より早く吸収される。理由は他に吸収すべき栄養がない為、アルコールのみを吸収するため。その結果、血中アルコール濃度のピークが早まり、二日酔いや気分が悪くなる原因となる。

・血中アルコール濃度が高くなる

同じ量のお酒を同じペースで飲んだ場合でも、空腹の方が血中アルコール濃度のピークは高くなる。短期間に一気に血中アルコール濃度が高くなりアルコールの分解がそれに追いつかないためである。

・低血糖症を早める

通常、飲酒によって引き起こされる低血糖症が、飲酒前から引き起こされる。 理由は肝臓のグルタミン貯蔵量が食事をしないことで枯渇してしまうからである。(肝臓はグルタミンを貯蔵しているが、その貯蔵量は少なく食事を取らないと8時間程度で枯渇してしまいまう。)その結果、飲酒後に起こる低血糖症が飲酒前から始まり、二日酔いになりやすくなる。

<重要> 飲酒前の空腹を避けることは二日酔いを予防・防止するのに最も大切

 

 

では、具体的に何を食べれば良いのでしょうか?

■二日酔い予防・防止に効くのは「脂肪」

●なぜ脂肪か?

様々な食材の中で、二日酔い予防、防止に最も効果が高いのは「脂肪」。脂肪は胃の中ではほとんど消化・吸収されず、その下の十二指腸ではじめて消化され始ます。 また他の食品と比較しても吸収に長い時間を要します。

その結果、アルコールの胃での吸収を大幅に防ぎ、また腸での吸収速度をゆっくりにすることから急激な酔いを防止する効果に優れている。

●地中海ではオリーブオイル・ロシアではバター

二日酔い予防・防止策として、飲酒前に空腹を減らすのは万国共通ですが、食べるものはそれぞれ国よって異なる。
ヨーロッパの地中海で飲酒前にスプーン一杯のオリーブオイルを飲むという習慣は世界中で有名となった二日酔いの予防・防止方法。ロシアでは飲酒前にバターやサワークリームを食べ二日酔い予防をすることが広く知られている。

●飲酒の前にサラダを食べる!

事前に食事を取ることができなかった場合でも、 乾杯の前にサラダ(ドレッシングをたっぷりかけたもの)をとったり、ナッツ類、スプーン一杯のゴマを食べることで 二日酔いの予防・防止に効果がある。サラダのドレッシング(ノンオイルを除く)には十分な脂肪分が含まれており、二日酔い予防・防止には効果的。

■飲む前に牛乳は二日酔い予防・防止には効果なし

お酒を飲む前に牛乳を飲んでも二日酔いの予防・防止にはほとんど効果は無い。理由は上記食品と比較すると脂肪分が4%程度しか含まれず、胃や腸でのアルコール吸収を防ぐ効果がほとんど無いため。
牛乳の その他成分を二日酔い対策で考えると血管を収縮する作用が含まれるため、二日酔いのズキズキ頭痛に効果はありますが飲酒前に飲んでも効果は期待できない。
そのため、飲酒前の牛乳は単純に空腹を防ぐことにとどまり、他の食べ物を食べて空腹を防ぐことと大差は無い。お酒を飲む前に牛乳を飲むことを勧められることが多かった理由は 昔の日本においては脂肪分を含む食品が少なかったことに由来する。
現在のように比較的何でも手に入りやすい時代だと、飲酒前の牛乳は二日酔い予防・防止には効果が高いとは言えなくなっている。

■脂肪分を取りたくない場合は緑茶がオススメ

二日酔いは予防したいけれど脂肪分は太るから取りたくないという人の場合は緑茶がオススメ。緑茶にはカテキン(フラボノイドの一種)が含まれ、アルコールなどの栄養吸収を阻害する効果がある。
このカテキンに目をつけたのが花王のヘルシア。花王のヘルシアは350mL当たり540mgの高濃度茶カテキンが含まれており、二日酔い予防・防止には非常に優れている。
但し、高濃度茶カテキンの取り過ぎは海外でいくつかの肝機能障害の症例がでているため、取り過ぎには注意が必要。また、煎茶、玉露、抹茶にはカテキンは含まれないまたは微量のため、二日酔い予防・防止には効果が無いので注意が必要。

■飲酒前の二日酔い予防に効く栄養ドリンク

二日酔い予防製品は非常にたくさんありますが、コンビニなどで売られているドリンク剤は「アルコールの分解を促すタイプ」と「アセトアルデヒドの分解を促すタイプ」の2種類に分けられる。
飲酒前に飲む場合、アルコールに相当弱い場合や連日の飲酒で肝臓が弱っている場合を除き、アセトアルデヒドの分解を促すタイプのドリンク剤が良い。理由はアルコールの分解を促すタイプのドリンク剤を飲むとアルコールにより高揚している時間が短くなり、アルコールそのものの量が増えてしまう可能性があるからである。故に二日酔い対策なら「ウコ〇の力<<ヘパリーゼ」という考えになる。

■肝臓の東洋医学的考え

日本語の中に「肝腎要」「肝心」「肝要」「肝に銘じる」などという言葉がある様に肝は体内でも重要な役割を果たしている。

血を作り収めている臓器

東洋医学では肝臓は血を作り収めている臓器として考えられている。血と言っても血液だけではなく内分泌ホルモンやリンパ液など体内の液体成分を総称して用いられている。

■自律神経と内分泌ホルモンのバランスを保つ

また肝は五行では「木」に配当され「風」の邪に冒されると考えられている。つまり風によって揺らされる木の様に、体内でも揺れながらバランスを保っている働きに関係している。体内バランスと言えば、自律神経と内分泌ホルモンの二つの機能がありますが、肝は、この二つの働きに関与している。

■「肝」が弱ってくると…

肝が弱った状態を「肝虚」と言いい、肝虚の人は、自律神経や内分泌ホルモンのバランスが崩れると同時に、精神的に不安定になって、怒りっぽくなり、意思の力が弱くなって決断力がなくなる。
目力や筋肉のバネの力(腱)も弱くなり、眼精疲労、腰痛、関節の捻挫などにもなりやすくなる。

肝臓のツボへの お灸は二日酔い対策だけでなく、これらの状態の改善にも役立つ。

■肝機能UP 酒豪になるツボ

酒豪になるツボ

■太衝 たいしょう

※足の甲側、親指と第二指の中足骨の間を撫で上げ接合部にぶつかった所

肝経の原穴(基本になるツボ)で肝臓の働きを調える。肝臓の機能を高め血液をきれいにする。

■中封 ちゅうほう

※足首にある内くるぶしの骨から2センチほど(指1本分)前寄り

弱っている肝機能の働きを高めて腰回りの緊張を和らげてくれる。歩くのがつらい腰痛にも効果的なツボ。

■蠡溝 れいこう

※足の内スネ。内くるぶしの出っ張りから8~9cm上に行った所

全身の気や血液の流れ「気血」の滞りを無くし、足や体全体の冷え、便秘時に起きる下っ腹の塊などがなくなる。滋養強壮に効くツボとして知られている。

■曲泉 きょくせん

※膝を折り曲げた時にシワの内側の端あたりのある、少し凹んだ所

肝が弱まった時に改善するツボとして「太衝」と併用すると効果倍増★肝機能を高め血行が良くなり、むくみも解消される。全身の巡りを整える効果があるので、二日酔いのだるさや下痢を解消する事ができる。

 

以上の4箇所に就寝前などに毎日、3~5壮のお灸を施してあげて下さい。「あちっ!!」と感じたら止め時です。2~3週間続ければ「あれっ?お酒強くなったかな??」と実感出来るでしょう。

■まとめ

「酒豪になるツボ」に日々お灸 → お出掛け前、オリーブオイルスプーン1杯 → 花王ヘルシア茶を飲みながら移動 → 飲み会開始直前、ゼリア新薬工業ヘパリーゼ → 乾杯 → サラダ → お酒
このルーティーンを確立すれば、あなたも夜の打点王★ 酒豪番長まちがい無し!

sh!!bash!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です