ジュニアスイマー保護者必見★僕たち大人が「子供に焦りを抱く」3つの理由

施術中、クライアント様よりご質問を頂きました

「息子(小学3年生)が強豪スイミングクラブに移籍し、まわりのペースに私が飲み込まれ私の焦りで息子を叱咤してしまいます」「翻弄されている私が子どもを潰してしまいそうで不安です」「私自身を落ち着かせ、息子に合ったペースを尊重し息子自身の力で成長できるようにするにはどうしたら良いでしょうか?」

小学低学年とはいえ強豪クラブともなると競争も激しく

そのペースに流されてしまうこともあります

ポジティブな人とつきあうと

自分もいつの間にかポジティブな考え方が

自然と湧き起こるようになるのと同じように

人やその場や環境のバイブレーションを受け取り変化するものです

もしかしたら

チームやクラブ全体の中に「焦り」が 渦巻いているのかもしれません

僕たち大人が「焦る理由」

では 僕たち大人が子どもたちの「現状」を憂い

焦ってしまう原因や理由はどこにあるでしょう?

焦ってしまう理由がわかれば

落ち着いて対策を考えることもできます

今回は3つほど想像できる範囲でご紹介いたします

理由1:「こうなってほしい」という強いこだわりがある

子どもに期待を寄せることは

学習効果があるといわれています

(ピグマリオン効果)

一方で

僕ら大人から「期待されないこと」により

子どもたちの存在の無視が

成果を下げるとも言われています

(ゴーレム効果)

ですので

期待を寄せることは悪いことでもありません

けれど

「過度な期待」は子どもたちの学習意欲を下げ

達成されなければ

子どもへの「怒り」が生まれます

僕たち大人が

  • 「こうなってほしい」
  • 「こんな大人になってほしい」
  • 「こんな大人にならなくてはいけない」

と 強いこだわりを持てば持つほど

現状とのギャップに怒りや焦りが生まれます

理由2:僕たち大人の「自己肯定感」が低い

僕たち大人が自分自身に自信を持てなければ

それを「子ども」で補おうとしてしまいます

心理学者の根本橘夫氏は

著書「なぜ自信が持てないのか:自己価値感の心理学」の中で

こう記されています

親が自分の無価値感を補うために

子どもを利用すると

過保護や過干渉になります

過保護であることは

「この子のためにこんなに自分は尽くしているのだ」

という自己満足を得られますし

「自分はこの子に必要とされている」

ということで自己価値感が得られるからです

人は自分より弱いものに依存されることで

自己価値感が高まります

僕たち大人の「自己肯定感」の低さを

子どもで補おうとしているかもしれません

理由3:こう思われたい、こう思われたくない

自己肯定感にもつながりますが

僕たち大人が「まわりからの目」を気にするがあまり

焦りを感じることがあります

  • 何でもできる人に思われたい
  • ダメな親だと思われたくない

という思いが強ければ

これもまた現状とのギャップに悩み

焦りが生まれやすいものです

■焦っても良い。まずは心の動きに気づくこと

けれど

焦ることが悪いこと

と言い切ることも難しいものです

焦りが行動をもたらしてくれることもあるからです

重要なことは

「あ、私はいま、焦っているんだ」

と自分を客観的に見つめ

自分の心の動きに気づくことです

焦りという心の動きに 気づくことができれば

そのまま焦ることもできますし

焦りを手放すこともできます

■まわりと比較しない

子どもたちの成長のスピードは

その子によって違います

ましてや 小学校低学年でしたらなおさらです

重要なことは

まわりとの比較ではなく、過去の自分と比較すること

  • 「どんな自分になりたい?」
  • 「どうすれば、その未来に近づける?」
  • 「じゃあ、今日はどんなことにチャレンジしたい?」

子ども自身が目指している

理想の未来と現状を見つめ

成長に意識を向けることです

■今を楽しむ

もうすぐ4月を迎えますので

春からは4年生でしょうか?    

小学4年生の春はもちろん

小学4年生の夏も 小学4年生の秋も冬も人生で一度きりです

富士山の頂上から見える 景色だけではなく

登頂するまでの山登りも 楽しみたいものです

「今日の練習楽しかった?」

いくら強豪クラブで中心選手となり

試合でbest timeが活躍が続いても

「競泳が大好き!」

「泳ぐことが楽しくてしかたない!」

「もっともっと速くなりたい!」

という気持ちが

置き去りになってしまっては

中学校 高校 大学でもトップ選手で

という 夢も描けなくなってしまいます

完璧を目指し過ぎず

また 先のことを考え過ぎるのではなく

今を楽しむことが何より大切です

焦りの原因を知り

自分を満たし

今を楽しみながら

親子で競泳に臨んでみてはいかがでしょうか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です